コピー機導入について

コピー機の導入はどのオフィスでも必要になりますので、ほとんどの事業主の方が避けては通れない道となります。主な導入方法として、新品購入、リース契約、中古品での購入という方法があります。それぞれのメリット・デメリットについて考えてみましょう。

新規購入の場合には、新しい商品の中から好きな機種を選べますので選択の幅は無限大ですが、初期費用が最も高い方法となり、複数台の導入が必要な場合には、かなりの費用がかかってきてしまいます。銀行から借入れた運用資金もオフィス機器に回す額が増えてしまうとその後の運用資金に影響が出てしまう可能性があります。リース会社との契約をしてコピー機を導入する方法の場合には、コピー機メーカーとのやりとりはリース会社が行う為、初期費用があまりかからずに済むというメリットがありますが、長期契約の場合にどうしてもメンテナンスや保守費用、手数料が上乗せされる為に割高になる計算になります。また途中解約ができない為、ある程度の制約がかかり、自由に機種変更等を考えることは難しいと考えられます。中古コピー機の場合は、新品よりも費用がかなり抑えられる上に、長期で使用するとなるとランニングコストが消耗品だけで済むため、大変お勧めです。

中古コピー機の購入

コピー機や複合機の導入を検討されている事業主の方の中で、中古コピー機の購入を考えておられる方も多くおられることでしょう。その中でも、他の導入方法とどう異なるのか、あまり理解していないが為に、まだ導入をためらっている方もおられるかもしれません。オフィス機器の導入については、安くはない初期費用がかかってきますので、慎重に選ぶ必要がありますので、様々な条件を検討した上で決めるようにしましょう。コピー機は値段だけで決めると、その後の作業効率に大きく影響してしまいます。失敗しないコピー機選びをする為にも、どのコピー機を購入することが最も適切かをきちんと理解しておきましょう。

導入手段の一つである中古コピー機を購入する方法ですが、他の導入方法に比べて、比較的長期的使用を目的とした場合にお得となりますのでお勧めです。特に、今から新しいオフィスを立ち上げる場合には、事業主の方はできるだけ初期費用を抑えて、そのお金を未来への運用資金へ回したいと考えるのが当然です。いかに資金を上手に回すかによって、経営にも影響してきますので、賢い導入方法を考える必要があります。機能性、スピード、初期費用、ランニングコスト、事務的負担、経理的作業等、家庭用のコピー機とは異なり、購入後のことについても考慮しての導入方法の検討が必要です。安かったから、または、高い商品を買っておけば間違いない、と安易に選択してしまうと失敗しますので注意が必要です。